Blog&column
仕事内容に関して解説

入浴時の最適な温度について

query_builder 2022/01/08
コラム
18
入浴時の温度について気にしている方はいらっしゃいますか。
快適な入浴を行う上で最適なお湯の温度というのは欠かせない要素の一つですよね。
そこで今回は入浴時の温度について解説します。

▼入浴時の最適な温度について
一般的な適温は42℃ほどと言われております。
ただ30分ほど入浴するのであれば、38~40℃くらいが丁度いい温度です。
それ以上の高温の中で入浴をすれば、一気に体が熱くなりヒートショックが起こる恐れがあります。

■ヒートショックとは
ヒートショックとは、急激な温度変化により血圧が変わることで体に負担がかかる現象のことです。
暖かい部屋から寒い部屋に移動したときや、長時間・高温の入浴などで起こります。
最悪な場合、気付かないうちに倒れてしまい、浴室で死亡していたということも少なくありません。

■入浴時の適温が42℃の理由
入浴時の適正温度が42℃なのは、自律神経の境界線だからと言われております。
42℃以上のお風呂に入ると、自律神経の交感神経が働くことで血圧・心拍数が上がり体に負担がかかるのです。
逆に41℃以下になると、副交感神経が働くことで血圧・心拍数が下がり体をしっかりと休めることができます。

■高齢の方のお風呂の温度について
高齢者がお風呂に入る時の温度は38~40℃程度がおすすめです。
また全身浴を行うと心臓に負担がかかるため、半身浴での入浴をおすすめします。
またヒートショックを起こさないように、浴室と脱衣所の温度差を小さくしましょう。
脱衣所を暖める器具を設置したり、事前にお湯を張って浴室内を暖かくするといいですよ。

▼まとめ
入浴時の温度は38~40℃がおすすめです。
体に負担がかかるため42℃以上のお風呂に入ることは避けましょう。
OASIS株式会社では、訪問入浴介護を行っております。
求人や業務内容に興味がある方は、ぜひご応募して下さいね。

NEW

  • 兵庫県宝塚市|訪問入浴の求人募集【オアシス訪問入浴】

    query_builder 2021/10/21
  • 介護の仕事には必ず資格が必要?

    query_builder 2022/07/01
  • マイクロバブルの風呂にはどのような効果があるの?

    query_builder 2022/06/15
  • 訪問介護サービスの利用者について

    query_builder 2022/06/01
  • 訪問介護サービス利用の流れについて

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE