Blog&column
仕事内容に関して解説

入浴介助のポイントについて解説

query_builder 2022/02/22
コラム
24
高齢になってしまったりして、自力で入浴動作ができなくなってしまうことがありますよね。
そうした場合は、他の人に入浴のお手伝いをしてもらう入浴介助が必要になります。
では、入浴介助は具体的にどのようなお手伝いを指すのでしょうか。
この記事でお話していきますね。

▼入浴介助とは
入浴介助とは、自力で入浴が行えない場合に、他の人に入浴を手伝ってもらうことを指します。
身体を洗ったり、浴槽に浸かる動作を手助けしたりすることが、入浴介助の概要になります。
入浴介助は、身内の方でも行うことができますが、介助に時間が取れないという方は、専門家に介助を依頼することも可能です。

▼入浴介助の基本
入浴介助の基本は、以下の通りになります。

・身体をしっかり洗う
・お風呂に入る時間を適宜調整する
・入浴前は体調観察を行う
・入浴後は水分補給を促す
・入りたくない時は無理強いしない
・浴室内での転倒に注意する

これらが挙げられます。

▼入浴介助の観察ポイント
入浴介助は、全身を見ることができるため、普段確認できない皮膚の状態を確認することができます。
皮膚の状態観察で湿疹ができていた場合は、病院受診の検討も視野に入れましょう。

▼何日もお風呂に入りたがらない時は
認知症などが原因で、お風呂に入ることを拒否する方もいるかと思います。(BPSD)
入浴を継続的に拒否されてしまうと、ご家庭内だけで解決することは難しい部分もありますよね。
そうした場合は、専門家(訪問入浴サービス)への依頼を検討すると良いでしょう。
訪問入浴サービスを利用するには、最寄りの市区町村に一度相談を行ってくださいね。

▼まとめ
今回は、入浴介助についてお話しさせていただきました。
高齢になると、様々な病気を発症してしまい、身の回りのことができなくなってしまうことが多くあります。
周りの手助けが必要になりますが、一筋縄ではいかないこともあります。
そうした時は、1人で悩まずに専門家への依頼を検討してみて下さいね。

NEW

  • 兵庫県宝塚市|訪問入浴の求人募集【オアシス訪問入浴】

    query_builder 2021/10/21
  • 介護現場での看護師の仕事内容とは?

    query_builder 2022/12/03
  • 介護が必要な家族を家で入浴させるには?

    query_builder 2022/11/01
  • 転職に適したタイミングとは?

    query_builder 2022/10/15
  • 高齢者の自立をサポートするには?

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE